nginxから第4のWebサーバLiteSpeedに変更する

nginxから第4のWebサーバLiteSpeedに変更する

2021年2月10日
高速化
Pocket

当ブログは、さくらのVPSに、WordPressで運用をしています。

Core Web Vitalsが、5月からGoogleの検索ランキング要因として導入されることから

高速化したいと常々思っています。

例えば、gzip圧縮をしたり、画像の圧縮したり、cssやjsを圧縮しまとめたりと

色々対応はしているのですが、なかなかスピードがあがりません。

インフラ的な限界説もありますが、まだ他にもできることがあるのでは?と思い

Webサーバをnginxから、LiteSpeedに切り替えることにしました。

LiteSpeedとは

Webサーバといえば、不動のApache、Apacheよりも高速なイメージのnginx、IIS等があります。

LiteSpeedは、第4のWebサーバと言われており、最近そのシェアも少しずつですが伸びてきています。

LiteSpeed provides one-stop web-acceleration solutions that embrace and advance …
www.litespeedtech.com

netcraftで、シェアを見てみると、まだまだですが、ランクインしています。

2021年の1月で、2%のシェアとなっています。

2021年1月のWebサーバシェア(netcraft)
2021年1月のWebサーバシェア(netcraft)

特徴は、以下ということで早そうですね。

LiteSpeedウェブサーバーは、パフォーマンス、セキュリティ、互換性を犠牲にすることなく、リソースを節約します。ApacheをLiteSpeedに置き換え、最大容量を2倍にし、サードパーティのキャッシュ層を排除し、HTTP/3のような最先端技術をサポートします。

ちなみに、このLiteSpeed、バーチャルホストの設定等も管理画面からできるようになっており扱いやすいと感じました。(ただし、セキュリティを気おつけないと簡単に乗っ取られてしまうのでご注意ください。)

現状の確認

当方の環境は、以下のようになっています。(低スペックです)

HDD 25GB
仮想2Core
1GB メモリ
CentOS Linux release 7.4
nginx version: nginx/1.18.0

PageSpeed Insightsでのスピード計測

PageSpeed Insightsでnginxの状態で、計測したものです。

developers.google.com
スコア
スコア

nginxから第4のWebサーバLiteSpeedに変更する
スコア

数字的には、かなり低いですね。せめて、黄色(50〜89)にしたいと思います。

WebサーバをnginxからLiteSpeedに変更

LiteSpeed provides one-stop web-acceleration solutions that embrace and advance …
www.litespeedtech.com

さしあたり、淡々と進めていきます。

これからの流れ

  • LiteSpeedのインストール
  • 管理画面のID/PW設定
  • 7080ポートでアクセスできるようにする
  • 管理画面から、外部アプリ、スクリプトハンドラを設定する
  • バーチャルホストを作成する
  • バーチャルホストに、RewriteルールとSSLの証明書をセットする
  • リスナーを作成し、バーチャルホストと関連づける
  • 管理画面から再起動し、アクセスできることを確認する
  • WordPressのLiteSpeed用のキャッシュプラグインを入れる

インストール

yum -y install epel-release
rpm -Uvh http://rpms.litespeedtech.com/centos/litespeed-repo-1.2-1.el7.noarch.rpm
yum -y install openlitespeed

openlitespeedインストールにより、以下が合わせてインストールされました。

インストール:
  openlitespeed.x86_64 0:1.6.19-1.el7

依存性関連をインストールしました:
  libmcrypt.x86_64 0:2.5.8-13.el7                        lsphp73.x86_64 0:7.3.27-2.el7
  lsphp73-common.x86_64 0:7.3.27-2.el7                   lsphp73-gd.x86_64 0:7.3.27-2.el7
  lsphp73-imap.x86_64 0:7.3.27-2.el7                     lsphp73-mbstring.x86_64 0:7.3.27-2.el7
  lsphp73-mysqlnd.x86_64 0:7.3.27-2.el7                  lsphp73-opcache.x86_64 0:7.3.27-2.el7
  lsphp73-pdo.x86_64 0:7.3.27-2.el7                      lsphp73-pecl-mcrypt.x86_64 0:1.0.3-1.el7.7.3
  lsphp73-process.x86_64 0:7.3.27-2.el7                  lsphp73-xml.x86_64 0:7.3.27-2.el7

場合によっては、以下のパッケージも必要になります。(json_encodeやjson_decodeを利用している場合)

# yum install -y lsphp73-json.x86_64

LiteSpeed Web Serverは、「/usr/local/lsws」にインストールされます。

# pwd
/usr/local/lsws
# ls
Example  PLAT     add-ons  adminpasswd  backup  cachedata  conf  fcgi-bin  lib   lsphp73      modules  phpbuild  tmp
GPL.txt  VERSION  admin    autoupdate   bin     cgid       docs  gdata     logs  lsrecaptcha  php      share

管理画面用に、IDとパスワードの設定を行います。admpass.shを実行します。

# /usr/local/lsws/admin/misc/admpass.sh

Please specify the user name of administrator.
This is the user name required to login the administration Web interface.

User name [admin]: // ユーザ名を入力

Please specify the administrator's password.
This is the password required to login the administration Web interface.

Password: // パスワードを入力
Retype password:
Administrator's username/password is updated successfully!

LiteSpeedを起動します。また常時起動するように、設定しておきます。

# service lsws start
# chkconfig lsws on

起動を確認します。

# ps -ef|grep ls
root     12604     1  0 08:15 ?        00:00:00 openlitespeed (lshttpd - main)
root     12618 12604  0 08:15 ?        00:00:00 openlitespeed (lscgid)
nobody   12644 12604  0 08:15 ?        00:00:03 openlitespeed (lshttpd - #01)
nobody   12645 12604  0 08:15 ?        00:00:03 openlitespeed (lshttpd - #02)

セットアップ

管理画面にアクセスして、設定を行っていきます。

ポート番号7080でサーバにアクセスします。(通常の表示側ページは、8088ポートになります。)

http://xxx.xxx.xxx.xxx:7080/

ここで私の環境では、ポートを閉じているためアクセスできませんでした。

今回暫定的に利用する、7080と8088ポートをあけます。(セキュリティの為、ポート番号は後で変更します)

# firewall-cmd --add-port=7080/tcp --permanent
# firewall-cmd --add-port=8088/tcp --permanent
# firewall-cmd --reload

再度、アクセスしてみます。

http://xxx.xxx.xxx.xxx:7080/ (管理画面)
http://xxx.xxx.xxx.xxx:8088/ (サイト側)

SSLの設定をしていないため、安全でないサイトとして出ますが、そのままアクセスします。

ログイン画面が出るので、上で設定した、ID/PASSWORDでアクセスします。

nginxから第4のWebサーバLiteSpeedに変更する

サーバ設定

外部アプリ

外部アプリに、lsphpを追加しておきます。

nginxから第4のWebサーバLiteSpeedに変更する
外部アプリ設定
スクリプトハンドラ

上記の外部アプリをスクリプトハンドラとして登録しておく。

nginxから第4のWebサーバLiteSpeedに変更する
スクリプトハンドラ設定

バーチャルホスト設定

基本設定

バーチャルホストの設定を行っていきます。

以下は、デフォルトのバーチャルホスト設定になります。

nginxから第4のWebサーバLiteSpeedに変更する
バーチャルホスト基本設定

新規追加で、zaitakukinmu.comのバーチャルホストを追加していきます。

項目内容
バーチャルホスト名自分が認識しやすい名前を設定
Virtual Host Rootnginxで表示していたDocumentRootのディレクトリを設定
設定ファイル$SERVER_ROOT/conf/vhosts/$VH_NAME/vhconf.conf
↑こちらを設定し保存する際に、ディレクトリがないとエラー表示されるので
CLICK TO CREATEを押下し作成する。
スクリプト/外部アプリを有効にするPHPを動作させる為に必要なので、”はい”を設定
抑制された“はい”を設定
バーチャルホスト基本設定
nginxから第4のWebサーバLiteSpeedに変更する
バーチャルホスト基本設定
nginxから第4のWebサーバLiteSpeedに変更する
設定ファイル
nginxから第4のWebサーバLiteSpeedに変更する
設定ファイルディレクトリ作成完了

Virtual Host Rootに設定したディレクトリのオーナーが、nginxになっている場合は、一括でオーナーを変更しておきます。(画像のアップロードやログ出力等での書き込み権限が必要な為)

# chown -R /var/www/対象のディレクトリ
Rewrite

WordPressが動作するように、以下のRewriteルールを管理画面から追加します。

httpとhttpsをリスナー設定で、このバーチャルホストで受け取るため(この後設定)、httpで来たら、httpsにリダイレクトする設定も追加しておきます。

rewriteCond %{HTTPS} !on
rewriteRule ^(.*)$ https://%{SERVER_NAME}%{REQUEST_URI} [R,L]
RewriteBase /
RewriteRule ^/index\.php$ – [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
nginxから第4のWebサーバLiteSpeedに変更する
Rewriteルール設定
SSL設定

SSLの証明書と秘密鍵の情報をセットします。

nginxから第4のWebサーバLiteSpeedに変更する
SSL設定

証明書チェーンは、”はい”にしておきます。(これをしておかないと、SSL証明書のエラーが出ます。)

リスナー設定

バーチャルホストの設定だけでは、ページは表示されません。

リスナー(ポート)設定と、バーチャルホストを紐付けして表示されるようになります。

リスナーとして設定するのは、http(80)とhttps(443)になります。

nginxから第4のWebサーバLiteSpeedに変更する
リスナー設定(http)
nginxから第4のWebサーバLiteSpeedに変更する
リスナー設定(https)

設定を反映するために、LiteSpeedを再起動します。(管理画面から、青枠をクリック)

nginxから第4のWebサーバLiteSpeedに変更する
Webサーバの再起動

確認

通常のドメインアクセスでページが表示されることを確認する。(nginxが止まっていることを確認)

在宅勤務をする上で必要なアイテムや知識、情報の共有を行うサイトです。一人で在宅勤務をしていると不安になることもあるかもしれませんが、他の人がどのように過ごしてい…
zaitakukinmu.com

問題なくページが表示されたら、サーバ再起動等で、nginx、php-fpmが起動しないように停止しておきましょう。

WordPressのプラグイン追加

LiteSpeed Cacheというプラグインを入れておきます。

設定は、インストール時のままとしておきます。

nginxから第4のWebサーバLiteSpeedに変更する

インストール中に、発生したエラー

バーチャルホストの設定をしても表示されないため、curlコマンドで確認してみます。

curl https://zaitakukinmu.com:8088/
curl: (35) error:1408F10B:SSL routines:ssl3_get_record:wrong version number

sslの設定が完了していないのに、httpsでリクエストしているからでした。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function W3TC\json_decode() in 

jsonのパッケージが足りないので、以下をインストール

# yum install -y lsphp73-json.x86_64
Deprecated: Unparenthesized `a ? b : c ? d : e` is deprecated. Use either `(a ? b : c) ? d : e` or `a ? b : (c ? d : e)` in wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Node.php on line 42

こちらは、php7.4の場合の構文エラーなので、ソースを直接修正しました。

困ったときの対応

  • Virtual Host設定後、ページが表示されない場合は、別のディレクトリを作成し、その中に、静的なindex.htmlを作成し、そのページが表示されるかどうかを確認する。(まずは、index.htmlの表示確認。そして、phpコードを書いた、index.phpで確認。)
  • ブラウザでうまく表示されない場合は、ターミナルから、Curlコマンド等でリクエストしてみる。
  • 管理画面からログを見れるので確認する。
  • WordPressの内容がうまく表示されない場合は、wp-config.php内のDEBUGモードをtrueにして確認する。

PageSpeed Insightsでのスピード再計測

計測誤差もあるかもしれませんが、軒並み良くなっていそうです。

スコア 31 => 59

First Contentful Paint 1.6 => 1.1

Time to Interactive 12.9 => 9.4

Speed Index 7.2 => 4.9

Total Blocking Time 2,020 => 1,110

Largest Contentful Paint 5.6 => 2.8

Cumulative Layout Shift 0 => 0

nginxから第4のWebサーバLiteSpeedに変更する
nginxから第4のWebサーバLiteSpeedに変更する

まとめ

  • Webサーバを変えるだけでスピードアップはかれるのであり。
  • ただし、既にアクセス数が多いようなサービスの場合は、充分検証が必要。
  • Webサーバの設定を管理画面からできるのはすごく楽。
  • 本当に高速化するには、サーバスペックをあげる、コンテンツを見直す等が必要。

次回以降は、Qualys SSL Server Test でA+を取るための設定変更について書きたいと思います。